もうすぐ9月、アートの収穫祭です。

「種まき展」粛々と最終週を迎えん・・・

| 0 comments

派手に見えるかもしれませんが、糸島芸農実行委員会は、日々、粛々と裏方作業を行っています。

いや~・・。

インターネットという素晴らしい環境が、いろいろなことを可能にしておりますが、ネットより現場、デジタルよりアナログ・・・そんな地道な努力があってこそ、世紀の糸島芸農は成り立っているのだ、ということを最近、実感しております。

実行委員会、、、毛が抜け、白髪が生え、酔っ払い度が増、陰で涙涙、復活煙草など、、、なにかストレスのような要素が激増中ですが、それも、成長の過程としておきたいものです。問い合わせがあったメディアの方々からは「えっ、みなさんボランティアなんですか?よくやっていらっしゃいますね」と聞かれます。はい~。そこに山があるからやるのです。

先週末久保田氏、初パフォーマンスの熱狂と狂騒を経て、なぜか、現在、静かです。嵐の前の静けさと言っていいのでしょうか。手描きのちらしを地元の小学校に手渡しで配るなど、コツコツとやっております。

26日(土)は、地元の歴史研究家・有田和樹氏によるトークショーも行われます。コアな有田氏ファンから、メッセージつきで予約のメールをいただいたりして…。

いや~~~~。

・・・・お待ちしております。

コメントを残す

Required fields are marked *.