もうすぐ9月、アートの収穫祭です。

味噌仕込みワークショップ、大盛況に終わっています!!!

| 0 comments

こんにちは!!酷暑な日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか。糸島は緑と海が涼しい風を運んできてくれております。
さて、案の定糸島時間をはるかに超えてしまってすみません…。7/21(土)、大盛況にて開催された、ミツル醬油さんとの
コラボ企画「味噌仕込みワークショップ」 の模様をお送りします!

あとその前に…7/14(土)にStudio Kuraで行われた「農家と作家の集い」も無事終了しています。こちらは、月一でコツコツと行う企画です。今後もHPをごチェックください。http://www.studiokura.com/blog/?p=2521←前回の模様はコチラ(Studio Kura松崎氏のブログより)

ではでは毎度のごとくロングロングスクロールをお願いいたします。それでは、お楽しみください!!

******************************************

ミツル醬油さんの横、公民館には多くの人々が。用意されたのは「タライ、麹、塩、煮汁、大豆」。

みんなに作り方を指示する、ミツル醬油4代目・城慶典さん。

真剣なまなざしで話を聞いています。やはり女子率高し。近所の方々も来てくれていました。

芸農ボーイ・よっくんもお手伝い。これは麹(赤米麹、玄米麹、米麹、麦麹をミックス)をタライに入れたところ。

固まった麹をパラパラにするまでほぐしていきます。

そこに「またいちの塩」を投入。お父さん&愛娘参加も多く、ほほえましい姿がちらほら。

そして麹に煮汁を染み込ませます。私は煮汁をお茶と間違って飲んでしまいかなり焦りました。

そこでほかほかのあったか大豆をタライに入れ、ぶちぶち潰していきます。

はっきりいって、体力勝負です。全体重をかけます。大豆めーなかなか潰れんやんか~。

その間、師はすべてがまざったものをキレイにボール状に丸めていらっしゃいました。

いつも参加してくれている春田さん。途中からジャイアンに見えてきました。

ハンバーグづくりのごたる。いろんなボールあり。最も性格が現れるシーンです。

味噌ボールができたら、デッカいバケツに投げ入れていきます。

子どもたちもストレスがたまっているのでしょうか。僕が投げる、私も…いや僕が~(続く…)。

どりゃー! バケツにはみんなの味噌ボールと日頃の想いがどんどん詰まっていきます。

あとでボールたちをまとめ平たく平たくしてゆきます。

最後は師のゴッドハンドで。全空気を抜いていき、密閉して熟成させてゆくのです。

塩をまいて終了! 味噌となるのは9月(夏場の場合。秋・冬の仕込みはその倍期間)だそう!

ミツル醬油さんから、甘酒がふるまわれ、作業後の美味しいひと時。

いやー、すんごい楽しかった~!! 城さん、ほんとにありがとう!ミツル醬油さんの方々、ありがとうございました。

****************

今後も、「糸島芸農」ではこのように、地元生産者さんとコラボしたワークショップを行っていければな、と思っております。
今回仕込んだ味噌は、9月のイベント「アートの収穫祭」において、芸農食堂の味噌メニューとなって登場予定です。
参加者には、芸農食堂のお食事券も配られ、楽しい待ち時間ができました!! 9月に、また会いましょう!

それでは、長いお時間、ご静読、まことにありがとうございました。
時節柄、なにとぞご自愛くださいませ。

コメントを残す

Required fields are marked *.